<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

天皇賞(秋)

久しぶりの競馬復活。ディープと言う大本命が回避しただけに混戦は必至。高配当を期待する僕としては見逃せない・・・。で予想の方はというと
◎スイープトウショウ
○アドマイヤムーン
までは確定。
でその次の有力馬は
ダイワメジャー・ダンスインザムード・コスモバルグ
って感じでしょうか?
穴狙いは
ファーストタテヤマ

基本的には前走、好走した馬を選びました。
といのも過去10戦の傾向は連対馬は前走一着が10回と50%の高確率。
前走5着以下で連対したのは99年の2頭のみ。
と考えると前走の走りは無視できない。。。となると
前走一着に入った馬は3頭。スイープ・アドマイヤ・ダイワです。
続いて前走2着馬はダンス・ファースト・コスモ
でもコスモバルグは過剰人気。きっと地方馬の夢・日本ハム優勝の影響と今日の晩やっていた江川の番組で3番人気以下は確定。今日段階で2番人気。これはおもしろくない。でも距離適正は抜群なので無視もしづらいです。
逆にファーストタテヤマは前走、スイープトウショウに0.1秒差の2着。
でもって現在12番人気。これはおいしいでしょ。

ということで騎手も先週G1を取って勢いのある武(弟)が乗るファーストタテヤマを軸に上記5頭を絡ませた形で3連単。合計60通りで勝負。まっ、今回は穴狙いだからダメもとで望みます。
[PR]
by m-sanc | 2006-10-29 01:07 | 競馬・株

諦めていたのに・・・。

d0008370_2053457.jpg今日は昨日の夕方から泊まりで瀬名高原で会社のBBQ大会だった。朝起きてインターネットが見れないのでucontさんに連絡を取ると「今日は厳しいのでは?」とのこと。諦めて帰り道にある雰囲気たっぷりの喫茶店で雑談。そうこうしていると再度ucontさんから電話あってSが吹いてきているとの事で急いで向かう。
着いたのが12時前。すでに16でジャストオーバー程度吹いている。とりあえずvegasの16と127で出廷。おもったよりジャンクでもなく乗りやすい。エアーも踏み切るタイミングがとりやすく調子のって、バックロール→着地後→フロントスピンをビックジャンプと共にメイク。おお〜〜〜良い感じで全部決まったぞって思ったら着地後大クラッシュ。その時にボードをロスト。海流が沖合に向いている感じでなかなかボードをとれない。で一度陸地に戻って回収。ってのを数回したので疲れて一度上陸。
その後数回出廷していると風がさらに強くなってきたので、てらさん所有のvegas07の12を借りて出廷。基本的には16と変わりない。ただハンドリングが軽いのとカイトが良く動くのはメリットですが、16と12を比べたらそんな感じかな?って感じ。16が如何に良いカイトかって事を痛感した。でもやっぱ12は軽いし楽チン。インサイドのフラットエリアでジャンプをする。バーを引き込むと明らかに滞空時間が延びるのが解るし、上昇中にバーを引き込むと再度引き上げられる感じ。二段階ジャンプしているみたい。こういった特性も16よりも上だと思った。
で最後は9でも良いぐらいの風になっていたが、僕は12を借りたままインサイドのフラットエリアでエアーの練習をしていたが、最後は疲れ果てて終了でした。今日はエアー中の体勢が安定していなかった。だから着地も乱れる事が多かったし、カイトも何回か落としてしまった。
でも一回だけ切れのある(パワー入りまくりの)バックロールが出来たと思う。今日はあまり調子の悪い一日でしたが、晴天で奇跡の風に恵まれて楽しい一日でした。
[PR]
by m-sanc | 2006-10-15 21:02 | kiteboarding

凱旋門賞

d0008370_175619.jpgディープインパクト、残念でしたね。結果は3着。まずはディープお疲れ様でしたって感じでしょうか?「夢を有り難う」と関係者とディープに素直に言いたいです。
負けたのはなぜか???斤量の差は大きかったでしょうね。やっぱ3歳は強かった。ここ10年で3歳が8回優勝しているのを見ても、その差は大きいと思う。きっと斤量差がなければ勝ってたかな?って感じです。でも日本馬は3歳は強い馬は3冠クラシックがあるだけに、3歳での凱旋門挑戦は難しいんでしょうね。
でも将来、ヨーロッパ勢から凱旋門をとるためには3歳での挑戦が必要なのかな?と感じた。それでも4歳以上のリーディング・人気上位馬の中では一番前でゴールを切った事は次に繋がるんでしょうね。
後は先行より差しや追い込みのいつもの競馬が出来る展開だったらとは思いますが、こればっかりは時の運ですからね。
まっ、残念な結果ですが今でも思います。ディープインパクトが世界で一番強い馬だと・・・。
そして池添調教師が「また挑戦したい」とレース後話をしていたのが印象に残った。
来年、まだまだディープ伝説が続いていた時は、再挑戦・リベンジしてほしいと・・・。
[PR]
by m-sanc | 2006-10-02 01:09 | 競馬・株