<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

僕だけ試乗会。

d0008370_23243211.jpg今日は内灘南西で良い風が吹く予報。でも朝9時に起きたら昨日の酒が抜けていなく頭が痛い。さすがにすぐに行動は出来ずに家を出たのは11時。
内灘に到着するとすでに多数のカイトが出廷中。車が代車(FR)だったので手前で止めて、用意をしていつもの所にいく。みんな12前後で出廷中。ひさしぶりのやましゅうさんも乗っている。この前に引き続き車の中のカイト道具が全部、ないので後輩君から2002のスリングを借りてきたが、みんなのご好意により僕だけの試乗会がスタート。
初めはトライバルの9で出廷。アンダーだったが好印象。その後クロスボーの12で出廷。
感想はオーバー・アンダー共に強そう。ハンドルを引き込むだけで体が浮く。ジャンプは今までの感覚はまったく違う感じ。借り物だったので全開では飛べなかったが、それでもバーを引き込むと飛ぶ飛ぶ。さらに滞空時間が異様に長い。エアーの頂点に達するまでの時間というよりは降りる時間がやたら長い。バーの引き込み量を調整すれば時間の調整も出来そうで楽しい。今までの浮遊感とはまったく異なる。デメリットは動きが悪い。さらにハンドリングが重い。バーを引き込みながら乗ることが多かったんですが、ハンドリングが重いため、腕が結構疲れる。またライノ05等のライトなハンドリングのカイトと比べてもハンドリングが重いためか?慣れていないためか?スピードも出しにくかった。逆に言えばそんな状態で走っていても飛べる所がすごい。バーは複雑でシーティングは操作しにくかった。後、やたらアップする。でも僕的にはエアーは好印象だったが、それ以外は微妙な感じだったかな?
d0008370_23281861.jpg一方、その後風があがった時に乗ったトライバルは好印象。。。ハンドリングはかなり軽く、かなり動く。本当にびっくりするぐらい動く。バーの中心を持っていていつもの感じの動き量。ハンドリングが軽いためか?スピードをだしても怖くない。これは前回乗ったライノ05と共通の印象。オーバーには当然強い。アンダーは今までのカイトと変わらないかな?アップはクロスボーほどではないが、デパワー能力が高いためか?アップ力は高い。エアーはジャストアンダーだったからか、クロスボー的なエアーではなく、ライノ05を少し高く飛べるようにした様に感じた。でもやましゅうさんいわく「風があがったときに乗るとかなり飛べるよ」とのこと。確かに無理矢理カイトを振ってスピードをあげてから飛んでいたので、風自体はエアーには弱かったと思う。ダメな所はカイト自体がふにゅふにゅしていて安定していない感じ。さらに動きが良すぎて少し怖い。でもこの辺はスポーツカイトしていると遅いよりかは全然まし。動く分には良いかな?って感じだった。
クロスボーは乗っていた感じはスリングぽいハンドリングの重さ・動きに感じた。スリングのデパワー能力を無限に上げた感じ。でも何かの拍子にバーを引き込んでしまったら、怖いだろうな〜〜〜って感じで乗っていて結構怖かった。
一方トライバルはライノ05のデパワー性能を無限に上げた感じかな?
言い換えれば乗っている時の感じは馬力<トルク型カイトがクロスボーで馬力>トルク型カイトがトライバルかな?
各能力を印象順にだいたい並べると・・・
エアーの高さ・時間・デパワー能力・ガスティー対応能力・は
クロスボー>トライバル>>ライノ05>スリング05
スピード・ハンドリングの軽さはトライバル>ライノ05>>スリング05=クロスボー
アップ能力はクロスボー>トライバル>ライノ05=スリング05
動きの早さはトライバル>>ライノ05=スリング05>クロスボー
カイト本体の安定度はライノ05=スリング05>クロスボー>>トライバル
僕的にカイトを揚げた時の安心感はライノ05=スリング05>トライバル>>クロスボー
組み立てやリリースシステム・シーティングの操作感等シンプルで良いのは
スリング05>ライノ05>トライバル>クロスボー
ホップ力はスリング05=クロスボー>ライノ05>トライバル
って感じかな?ホップはトライバルはやりにくかった。きっとハンドリングが軽い=トルクが軽い=ホップしにくいって事になるのかな?
結局の所、今年はトライバルやベガス06の様なカイトが候補になりそうです。ベガス06で良いのですが、収納がかなり大きくなる様で少し心配・・・。
[PR]
by m-sanc | 2006-03-27 00:00 | kiteboarding

フラット・美風。

d0008370_23473839.jpg先週に引き続き、天気は晴れ・海面は先週よりフラット・風は南西で7m程度。前日は遅くまで飲んでいたが、頑張って内灘に向かった。今回は後輩君と行くことにする。後輩君は今年初のカイト。でも車をオーディオ・ボードラック作成のため入庫しているため、道具がない。
ということでucontさんと後輩君のをお借りすることとする。みんな、快く了解をいただく。本当に感謝の気持ちで一杯です。
到着するとすでに皆様出廷している。とりあえず、後輩君のカイト13を用意する。そうこうしているとucontさんと寺さんも一度浜に上がってきた。目の前にはライノ05の12がある。。。これは借りない手はない。お願いして出廷。sk8もお借りして出廷。風はジャストアンダー程度。
海面は超フラットで温度も先週より温く感じ、最高の環境。やっぱ、カイト最高〜〜〜。
一度上陸して、後輩君の出廷をサポート。後輩君はいつもやりだしが一番上手い。今年初なのに、初めて出廷した所に戻ってきていた。これにはびっくり。この調子ならきっと今年中にはアップをマスターし、ジャンプやウエーブの入り口を叩いていそうだ。d0008370_23474922.jpg僕の方はライノ05の12とsk8かvegasを借りて楽しんだ。
ライノ05をじっくり試乗した感想は、色々と楽ちんである。スリングより全てがライトな感覚。特にデパワーが効きやすいのか、オーバーパワーになりにくい。一本目出たときはジャストアンダーだったが、後半はジャストだったんですが、全然苦にならない。あまり引っ張られているという感覚がないのでスピードも出しやすい。これは良い。さらにジャンプをしてもカイトのハンドリングも軽く、カイトの振り戻しも楽である。なによりジャンプに入る時にカイトを逆ぶりしてもエッジが抜けないので良い。だから飛ぶ海面をいつもより選ばなくても良いように感じた。これはその日の状態にあまり左右されないので良い。さらに高さは同じ感じでも滞空時間は長い様に感じた。きっと手が力んでカイトを引き込んでいるためと、カイトの引き戻しが早すぎるためパワーが着地寸前まで入っているためかな?現に着地後暴走気味になることが多かった。
デメリットは乗っている時にカイトを引き続けないとダメな事。片手を離すだけでパワーが抜けるので辛い。ジャンプは飛ぶ瞬間にバーを引き込んだ方が良いらしいが、この操作に慣れていないため上手く行かない。バーを引き続けた時とグラブ等するために手を離す時とで滞空時間に差があるように感じた。て事は現在使っているカイトもバーのデパワーの可動範囲を止めているストッパーボールを一番カイトよりにセッティングすれば、ライノ05の様に可動範囲が広がり、ライノ05の長短所に近くなるようにも思ったので、次に試してみようと思った。ジャンプに関しては飛ぶタイミングやバー操作やカイトを引き戻すタイミング等が今までと違うので戸惑いも多い一日だった。
結局の所、この長短所を究極まで伸ばしたカイトが今流行のボウカイトの様に思った。
トータル的にはライノ05は新鮮であった。僕が現在、壁にぶち当たっている所を破るきっかけをくれそうな気がした。こういったカイトを今年は購入したくなってきちゃった危険な一日でした。きっとパワーがある人は現在のカイトの方が良いような感じ、僕みたいに非力な人は良いかな?とも感じちゃいました。各社06モデルの様子を聞きながら今年あたりカイトを変えようかな?って考えていますが、車の改造や腕時計やら買いたい物だらけで困っています。
[PR]
by m-sanc | 2006-03-13 00:24 | kiteboarding

2006年、初乗り。

d0008370_2155078.jpg2006年の初乗りに内灘に行ってきました。今日は天気は晴れ・気温も13℃程度・南西7m・波小という条件でした。去年の10月にカイトして以来で、今年はトリップも行ってないので4ヶ月以上ぶり。かなり緊張しました。
内灘に到着したのは11時すぎ。すでに6-7m程度吹いている。今年初乗りの方も多かった様で、海はカイト10機程度まで増えた。そのほとんどがボウカイト。僕はオールドカイトのまま。ボウカイトはエアーの滞空時間・高さ共にgoodの様子。僕は購入をしばらく様子みるつもりです。
で早速、ウエットに着替えるが、去年より5kg以上太っているんで、セミドライがきつい。。。
とりあえず13をセッティングしてWTとの組み合わせで出廷。カイトをあげると体が浮き上がりそうになる。いつもなら動揺しないんですが、久しぶりに少し怖かった〜〜〜。海に入ると足が凍るように冷たい。手はグローブしていたから大丈夫でしたが、足は冷え冷え。
感を思い出しながら、数往復走る。海面も荒れてないので乗りやすい。やっぱり気持ちいい。カイト最高〜〜〜。数回エアーもしてみるが、まったく感がもどらずカイトを振り戻していない。それでも何回か飛んでいると感も戻りつつあり、スピン中もカイトを振り戻すことも出来、着地もどうにか成功って感じ。でもフルパワーで飛ぶのは怖いし、無理は禁物という事で守りのジャンプって感じ。
1時間ぐらい乗って、一度休憩がてら上陸。たばこでも吸おうかな?って思って車に戻ったときに事件発生。リアはロックしていないと思ったんですが、ロック。どうやらインロック。。。は〜〜〜、最悪。まぬけ〜〜〜。
寺さんに聞いてみるとJAFに入っているとの事で、呼んでもらう。待つこと1時間ぐらいかな?さらになかなか空かなくてJAFの方も弱気の発言。「気長に待ってて下さいね」→「スペアキーはないんですか?」→「この車、空けたことないしな〜〜〜」と頼んだ方も不安になる。電話で相談している様で、「あれっ、もしかして逆回しですか?」ってどういうことやねん。左回してダメなら右回してみろよって感じ。その後、いとも簡単にロック解除。
寒い間、長い間付き合ってくれた寺さんに感謝・感謝。
その後、待ちに待ったタバコで一服してから再度出廷。さっき行った時より、若干オフなのか、海面はさらにフラット状態。走っていても気持ちいい。フラットだとホップもしやすいし、色々やってると感も戻りつつあるかな?
結局、小1時間のったあたりで弱くなってきたので終了。
これからは仕事のストレスを海で解消出来そうだし、暖かくなるのが楽しみ。。。
[PR]
by m-sanc | 2006-03-05 21:25 | kiteboarding