どうもしっくりこない。

d0008370_2126921.jpg昨日は出勤日で会議。でも今日は快晴・内灘南西・波もたいしたことはないとのことで10時頃に到着。思ったよりも吹いている。
砂が舞っていて10前後程度かな?と思ってしばらく用意をしながら待機していると、10で出廷した人が今ひとつ弱そうなので13を張って出廷。
アウトでるまでは波がジャンキー気味で入っていたが沖合はうねりもたいしたことない。
アウトでアップしインサイドでエアーの練習をしていたが、先週からどうも不調。飛び出すタイミングが待ちきれなくて、踏切が早い感じ。
だから初めは上にあがらずエアーの途中から上にリフトされる感じのジャンプになる回数が多い。特にスピードを上げてから踏み切るとそうなる。
去年から取り組みだしている飛ぶまでに若干下らしてスピードを上げて、
カイトを内側に入れ、
そこからカイトを逆ぶりする感じではなく上にあげる様なイメージでカイトを動かしながらボードのエッジングを強化し、
ジャンプするとハイエアーになると感じているのですが、失敗が多いのでしょうね。
普通に飛ぶと踏切のタイミングがづれる事はないのですが、上記の方法は慣れていないのか?ハイリスク・ハイリターンって感じです。
少しジャンクになると駄目になるって感じなんでしょうね。まだまだ修行不足って事ですね。。。
(写真はucontさんのウエイブライディングなんですが、波に隠れて上手く移ってなかったです。)
[PR]
by m-sanc | 2005-03-27 21:31 | kiteboarding
<< Corbyズボンプレッサー 季節はずれの雪。 >>