岡山県温泉旅行


d0008370_23261484.jpgあけましておめでとうです。今年もよろしくお願いします。

で2008年の初記事は家族(あっ、僕は結婚していないので家族=両親・兄弟ですよ)で、親父の実家に帰ってお墓参りするがてら岡山県の温泉に2泊3日の旅行です。

で31日お昼頃に大阪を出発予定だったのですが、僕は前の日の晩飲み会だったんです。
まっ、飲んでから寝て7時に金沢出発すれば間に合うかな・・・って思いながら寝ようとしたんですけど、目が活性化して寝れない。
雪が気になったのか?考え事があったからか?更年期なのか?は別として。。。
で結局寝れずに時間は朝の5時。ま・ず・い。。。このまま粘っているより、酔いもさめていたので運転する事にして出発。
で大阪の実家に到着した時は9時前。。。
途中。福井あたりは雪+吹雪で最悪でしたが・・・。

で実家で仮眠して両親、姉貴と旦那と子供、弟と嫁はんと僕。
合計8人の旅なんですが、独り者は当然僕だけ。。。
こういうのに出席すると結婚しないとなって思います。


d0008370_23335376.jpgで初日の宿泊先は岡山県の湯原温泉。
宿泊先は八景という旅館です。
宿泊先の川を越した所には入浴料ただの砂湯がある。
当然、混浴。
よくみると女性もはいっているのに、フルチンで堂々と歩いている人もいる。

で女性陣はこれを見てドン引き。
という事で男性陣で入りにいく事とする。

で感想は・・・「最高ですよ。ここによったら恥ずかしがらずに入浴する事をお勧めします」
後から知ったんですけど、ここは露天風呂番付の西の横綱で有名らしいです。
長寿の湯・子宝の湯・美人の湯の三つが一カ所にあるんですけど、一応全部入っておきました。まっ、子宝の湯は僕には結婚してからの話になるんでしょうけどね。
将来のために・・・っね。

温泉は単純温泉なのかな???透明でなめると塩の味だけど、肌がヌルヌルします。
温度は少しぬるめでした。さらに入っていたら雪がむっちゃ降ってくるし、よけいにぬるく感じる。
でも雪景色と露天風呂は相性抜群ですな。


d0008370_23454746.jpg向こうの旅館からは女性陣が見ている・・・。(写真中央あたりね)
これが家族じゃなかったら、フルチンで仁王立ちしながら手をふる所ですが一応上品に手を振って応えときました。
まっ、他の男性陣はそれすらカチ無視でしたけど・・・。

で堪能後は旅館まで帰ったんですが、体は冷え切っていたので旅館のお風呂に入りなおしましたが。
(明くる日の朝に入った旅館の中にある露天風呂も最高でしたよ)

その日は食事後、ホテルの年越し企画でビンゴ大会に参加。
こういうのには強い僕は、当然ながら3人目ぐらいにビンゴ〜〜〜。
その後はK−1見ながら家族団らんしてお休みです。
あっ、食事も値段の割には美味しいと思いますよ。



d0008370_23531716.jpg二日目は実家に帰ってお墓参り。何年ぶりかな。。。
ず〜と気になっていたので、今回行けて良かった。
先祖には今年一年間も元気にやっていける様にお願いしてきました。

写真は岡山の実家から見た風景。
田舎でしょ〜〜〜。だって山の中だもん。
我がエスカレードが一台とおる幅しか道なんてないからね。

でも僕にとっては思い出がいっぱいの場所です。
よく親父や弟と沢ガニやどじょうを取りにいったんを覚えています。
って子供の頃はこればっかりしていたと思いますが・・・。
あっ、タケノコやマッタケも取りに行ったかな。

で終わった後は二日目の宿泊先の湯迫温泉。
泉質は硫黄らしいですが・・・
あ・や・し・い。
だって塩素の臭いしたもん。
プールの臭い。当然硫黄の臭いなんてまったくなし。
さらにシャワーの出方も弱いし、一回押してもすぐに止まる。
おいてある石けん・シャンプー等も貧祖。
超ケチケチ。

宿泊先は一カ所しかないんですが、二度と行く事はないかな?
評価???最悪の0点です。
料理は普通だけど、温泉は安っぽい健康ランドって感じ。
さらに宿泊者でも岩盤浴は高額な有料でした。
サービスは超ふざけている。お世話になる「なかいさん」は悲惨なレベル。
食事の時に「お塩ないですか〜〜〜」って僕が聞いたら
なかいさんがしばらくしてから「当館にはお塩ないんで」
その瞬間、全員が「・・・・・・・・・・・・・・」
        「な訳ないやろ〜〜。料理どうやって作ってんねん」
        「一度、フロントに聞いてみたらどうや」
で僕が電話で「お塩ないって言われたんやけど、そんな事ないやろ〜〜」
フロント受付「しばらくお待ち下さい」
待つこと10分程度。
なかいさん「どうぞ」

ってせめて「すいませんでした」ぐらい言えよって感じ。
そもそも食事に入る時にビールを親父に注いでいたけど、普通座って注ぐでしょ。
このなかいさんは中腰で俺らに尻むけながら注ぐんやよ。
訳解らない。まじで。

って今回用意してもらった両親にはすいません。
一応、正直なコメントを書くのが僕のブログなんで・・・。
でも後で両親と話をしたら、同じ感想でしたけどね。
今回は急遽、宿泊先を探したらしく選択枝がなかったらしい。
まっ、今まで両親が連れて行ってくれた旅行は、ホントに良いところばかりだったしね。
よほど吟味して、いつも選んでくれてるんでしょうね。
そういう両親の気持ちが嬉しいです。だから文句は言ったらダメですね。
今回は記事という事ですよ。くれぐれも。


まっ、その日は姉貴の子供を寝かしてからUNOして楽しみましたけどね。

明くる日は両方のばあちゃんがいる所に行って会ってから帰ってきました。
久しぶりに家族で一緒に過ごす事が出来て良かったです。
両親には感謝・感謝です。
改めて家族の大切さ・有り難さを痛感した時間でした。

おれも早く作らないと・・・家族を・・・。
みんなには40歳までには・・・と話をしておきましたけど、どうなることやら。
[PR]
by m-sanc | 2008-01-04 00:24 | 他の impression
<< スーパービンゴV 今年もお世話になりました。 >>