シートハーネスについて。

d0008370_23312153.jpgそういえば、新製品体験レポートを忘れていた。
カイトサーフィンをしていて僕の最大の悩みは腰が痛くなること。学生時代に痛めた腰(第5腰椎分離症、5-Sヘルニア)が乗っている最中に爆発することである。1時間も乗る続けると痛くてたまらない。
そこで、ダカインのシートハーネス2005(FUSION)を購入し、日曜日に使ってみたのでレポートしてみます。
乗っていて思った初めの印象は腰への負担は本当に軽い。ちなみにいつもなら数時間カイトした後は腰が痛いのですが、今日は腰が痛くない。これには本当に感動。
その次に思ったことはボードのエッジがかけやすいと思った。たぶんウエストハーネスより下にバーがあるのが原因と思う。エッジがかけやすいため、スピードを出しても安定していると感じた。
その次に感じたことはエアーに関する事。思っていたより違和感はなかったが、それでもいつもと何かが違う。ノーマルエアーはそれほどの差は感じなかったが、グラブ系やボードホフ系の技はかなりやりにくい。股関節の自由度が低下しているため腰を曲げにくく、ボードを触りにくい。ロール系は一長一短と感じた。屈伸系はウエストハーネスに軍配があがると思うが、伸々系はシートハーネスもありかな?って感じ。伸々系っていうと大げさであるが、たとえばバックロールをするのも技を大きく見せるためにもボードと自分との距離を広げる場合やボードを横回転ではなく(スピン系)ではなく縦回転(ロール系)にする場合は良い感じと思ったが、これはもう少し試してみてからじゃないとなんとも言えないかな?っていうのも数回しかしなかったのでたまたま調子が良かったのかも?とも思うので・・・。
最後に最大のデメリットを発見した。それはカイトを揚げながら移動することである。これはかなりやりにくいし、歩く進行方向側の股関節がかなり痛い。

結局の所、使い分けることも必要かな?と感じた。弱い風で下っては歩いて戻ってくるような風では腰もあまり痛くならないのでウエストハーネスでも良いと思う。後、ボードを触る系の技をすることもウエストハーネスが良いと思う。エアー系の技の練習や大会などはウエストハーネスが良いでしょうね。現に大会ではほとんどウエストハーネスだしね。
それに比べ、長時間のる場合は基本的にはシートハーネスは良い。単純に走るのならシートハーネスは良いと思う。特に腰に持病がある人は重宝すると思いますよ。

僕は当面はシートハーネスを主体に使い、上記のウエストハーネスの方が良い場合は今持っているウエストハーネスを使う事とします。
[PR]
by m-sanc | 2005-05-25 23:32 | kiteboarding
<< 競馬の祭典「ダービー」 この前の週末。 >>