思いもよらない風

連休初日。南西予想が出ている。天気図を確認しても日本海側に低気圧入っているし、相対した場所に高気圧もあって南西吹くには絶好の天気図。
予報はそれほど強くはないが、12程度で乗れるのでは?との読みで内灘に・・・。
ついたら数機のカイトがセッティングされているが、16でアンダー。
16+ビックボードならアビームぐらいは走るかな?って感じ。
しかしながら16をセットしているとすこしづつ風が上がってきた。
16+WTで出廷。初めアンダーのちジャストアンダー程度。
予想と反して弱かったが1時間半ぐらいは乗ったかな?
途中ジャストアンダーになった時にブラインドの練習を何回かやってみたが、ホップ→着地後3mぐらい走ると必ずクラッシュ。
カイトを引いちゃってしまって、カイトが反対側に行くのが問題。後、ホップも安定していないのも原因か?
でもフロントロール・バックロールは完着率が高かった。この所、カイトを振らなくても安定してトリックが出来る様になってきたのかな?
後、浜近くでジャンプしたら思ったより飛んでしまって水際でクラッシュ。風弱かったから、そのな飛ばないだろうとの甘い読みが擦り傷を作る原因でした・・・。反省です。

翌日、天気図もダメ。予報も今ひとつ。との事で諦めモード。
お昼すぎてアメダス確認しても今ひとつ。との事で諦めてパチンコでも行こうかなって思いながら外出たら吹いている???次のアメダスを確認すると金沢7m。
んっ?吹いている?
急いで用意して内灘に到着した時には、すでに9〜12で出廷済み。
久しぶりの内灘北風でのライディング。12ではオーバーとの情報を受け、9で出廷。
ジャスト〜ジャストアンダー程度。
北風はジャンプのタイミングが取れない。波が上がっていれば、それをキッカーとして飛べるんですが・・・。
今回は波も全然なく、海面だけがジャンクなコンディション。
結局、小さな波打ち際でウエーブの練習をして終了しました。ウエーブは余りやらないし、スイッチスタンス苦手だし、コツがまったくわからないや。
まっ、エアーの練習に比べたら米粒程度しかやってないから当然ですが・・・。
ふつーにカイトを降りながらのターンすら苦手なんに、ウエーブなんて無理ですよね。
それに比べ、無理矢理でもジャンクの中で飛んだ時の方が気持ちよかった。
久しぶりのちゃんとした風の中のエアーだったので、上手くいくと高さもそれなりに出て良い感じ。
でも久しぶりのまともなエアーはトリックする余裕すらない。グラブですらボードをさわりに行くのが一歩遅れるんですよね。

今日は9でジャストアンダーだったし、風はガスッてなかったので辛くはなかった。
オールドカイトでも風が安定していれば、全然OKですね。
ハンドリングも軽かったし、カイトの動きも良かったです。
ホント、風によってカイトに対する印象も変わるもんです。

10月にはnew kiteが手に入る予定だし、その頃に9程度の風が吹きまくって欲しいところです。
[PR]
by m-sanc | 2007-09-24 21:48 | kiteboarding
<< 選択ミス ちぐはぐな毎日 >>