内灘 世界凧の祭典2005(初日)

d0008370_22381539.jpg
今日は世界凧の祭典の初日。
天気は快晴。風は北で4m前後。スポーツカイトには最高のコンディションの中で順調に予定していた種目を全て終えることができた。
(写真一枚目はクワッドチームの練習風景)

d0008370_22382712.jpg去年は大雨・強風で本番となる4日が中止になったので本当に良かったと思う。
明日も快晴なので後は風がほどよく吹いてくれることを祈るだけです。
(二枚目は関西の2チームのメガフライト。明日もデモしてくれるらしい)

d0008370_22383818.jpg(三枚目は今回のトロフィー。最近ではトロフィーの無い大会が多い中、こうやって用意が出来るのも内灘町や各協賛会社のおかげ。。。ほんとに感謝しております。)


d0008370_22401886.jpgで競技の結果ですが、僕はデュアルラインの個人種目を規定・バレーに出場。
今までは地元内灘は僕にとって一番結果が出ない場所だったんですが
(去年初めての優勝)、今年は2種目とも優勝でダブルタイトルという最高の結果となりました。
個人バレーは去年から2連覇ということになりました。(写真4枚目の中央が僕です。。。)
規定は僕の得意種目なんですが僕の3人前ぐらいから風が落ちて嫌なムード(いい訳なんですが・・・)があったんですが、辛くも優勝でした。
バレーは最高の風の中、集中して行うことが出来たと思う。
他の方のバレーを見ての印象は、バレーなんだから曲とか音とかをもう少し意識したルーティンを決める必要があるのでは?
と生意気ながら感じた。僕よりもカイトをあげるのは上手い人は多いと思いますが、バレーとなると曲に併せて初めて演技となるわけで・・・。
バレーになっても真っ直ぐ走る所は真っ直ぐ・曲がるところは綺麗に角度やRをつけ・スピードコントロールを意識しながら行えば良いと感じた。
そういう意味ではどんなスポーツでも基礎は大切で無視できない技術と思った。
結局他の種目(クワッドラインの個人とチーム)も上記記載した様な内容を忠実に行った方が上位に来ていたと思います。
まっ、僕の意見はあくまでも競技で勝つことを主目的においた意見なんですが・・・。

明日は世界凧の祭典の本番、特にチームの方々は逆転のチャンスは大きいと思うので頑張って欲しいと思います。
僕らフライヤーにも観客の方にも良い演技を見せていただけることを祈っています。

d0008370_23195411.jpg最後は世界凧の祭典の前夜祭に出席。いつもより料理が美味しくなっていたと感じたけど、まっ、大差ないか。。。
海外(アメリカ)からの招待選手がインドアーカイトを披露していた。
シナジー(クワッドライン)をあげていたが、正直な所、技術的には驚かなかったけど、
やたらカメラ目線でポーズを決めながら揚げる姿や最後の終わり方が自らフェードアウトしていくのは日本の文化をよく勉強?していておしゃれだった。
ケリー・リードっていう選手らしいけどシングルラインが専門らしい。
[PR]
by m-sanc | 2005-05-03 22:49 | sport kite
<< 内灘世界凧の祭典(二日目) 今日は一人でコソ練。 >>