今時のかいと-no.2-

d0008370_23353490.jpg今日は北東予報。間違いなく吹くのは確定の天気図。でも内灘はオフがかりそうなのでSで行ってきました。到着したのは10時。すでに北で結構吹いている。出廷した人に聞くと9でジャスト程度とのことなので、先週と同様に9をセッティングして出廷。
板は127で出廷。思ったより海面はジャンク。でも先週みたいなガスティーではないので、それなりに楽しめる。でも北風なのでエアーの踏み切るタイミングが見つかりにくく、いまひとつ・・・
で休憩したあと、2本目出廷。相変わらずエアーの踏み切るタイミングが見つからない。波をキッカーに利用したら良いのですが、なんか高さを出すための邪道の様なきたしていたのですが、あまりにもエアーに入るタイミングが見つからなかったので波をキッカーにしてジャンプしてみる。波を利用したビックジャンプは久しぶり。で1回目のトライ。おりゃ〜〜〜って踏み切ると良い感じで高さが出る。高さ・滞空時間も久しぶりに感じる感覚。
これでスイッチが入って終日キッカーを利用して飛びまくっちゃいました。納得いくジャンプも今日はそれなりの本数出来たと思う。やっぱFUEL9とは昔からビックジャンプの相性が良い。今まで最高の高さを飛んだ時も今日も使用サイズは9。
で今日はFUEL9とライノ9で出廷したのですが、やっぱ乗り比べるとライノは楽です。きっとC型カイトの完成型に近いと思った。でもFUELもタイミングが全て決まった時は凄い。今日一番のジャンプもFUELだった。ライノはストライクゾーンが広いのが特徴。FUELはストライクゾーンは狭いが速球はピカイチって感じでしょうか?
後、今日は先週と違ってあまりガスティーではなかったので「今どきのカイト」との差をそこまで感じなかった。確かにボーやラウンドチップだったらもっと高く飛ぶことも出来るだろうし、乗りやすいのは間違いないのだが・・・。これらのカイトを使えば今日でもきっと、さらに高さも出たと思う。想像しただけで楽しそう。早く欲しいと痛感している毎日です。はやく秋モデル発表してくれ〜〜〜。
でもC型でも風さえ安定していれば十分楽しめると感じたのも事実だし、色々な技もC型でも十分トライ出来ると思う。現にC型しかなかった時代でもプロは今と変わらない様な技を出していたしね。ただ、言えることは「今どきのカイト」はより楽に、より成功率が高く、余裕をもって、どのような環境でも、どのカイトサイズを使っても出来るのが魅力なんだと思う。まっ、これが週末ライダーには欠かせない性能なんですがね。。。

写真はUCONTさん、提供の物です。いつも激写感謝しております。写真って客観的に自分を見れる機会の一つなので大切です。。。これからもよろしくです。
[PR]
by m-sanc | 2006-09-23 21:59 | kiteboarding
<< 凱旋門賞 今時のカイト。 >>