韓国旅行(最終日)

d0008370_23404453.jpg最終日。朝は恒例の朝がゆ。この朝がゆは意外と味がしっかりついていて美味しいですよ。韓国というと辛い食べ物が有名ですが、朝がゆは一度賞味する価値ありです。
で朝から空港に向けて出発。だってお昼過ぎには小松空港に向けて出発なんですからね。やっぱり利便性悪い。一日目と最終日はほとんど移動のみって感じ。
途中、キムチや韓国のりをお土産で購入出来るお店によったのですが、この店は本当に最悪。韓国流勧誘がえげつない。まじ、うっとうしい。初めは付き合いで買っても良いかな?って思ったのですが、日本人の優柔不断・意志をハッキリ見せない性格を巧みについてくるのですが、僕には通用しません。途中からむかついてキッパリといらないと言っちゃいました。

(写真は昨日の南大門の商店街の様子)

d0008370_2346678.jpg写真の右側の飛行機が小松空港行き。左の飛行機に比べて小さいのが解りますよね。そら良い時間はとれませんよね。
で無事、飛行機にのって機内食を食べて日本に到着。いや〜〜〜色々あったけど、たまには野郎ばっかりの旅行も楽しいもんですな。って感じで終わる予定が・・・。この旅行最大の事件が起こるとは・・・。

小松空港に到着後、入国手続きを終了して預けていた荷物を受けとって、あとは税関だけです。まっ、これはいつも海外行ってたら解ると思うのですが、スルーですな。待っている間も前の人はみんなスルーしていますわ。待っている間も、「あんな所で止められたら運が悪いだけやわ〜〜。まさか俺たちにはないやろ〜〜」てな会話をしながら待っていました。
でまず一人目・後輩君が出撃。すると様子がおかしいぞ。

んっっっ????なにやら荷物を物色されている????
あれれ〜〜、もしかしてバッ◯物がクリティカルヒットしたのか????
でもそれを見ていても、みんな「危機感なし」って感じ。

で二人目はわたくしが出撃。
税関の人「一人ですか?」
わたくし 「いや〜、5人ですわ」
税関の人「そうですか?でそのお土産袋は?」「一応見ますね」
(お土産袋を乱暴にあさりだす)
わたくし 「たばことかですよ。数多いですが、全員の分ですよ」
税関の人 「・・・・・・・・・・・」
わたくし 「代表でまとめて持っているだけですからね」
税関の人 「これからは注意して下さいね。一応ダメですからね」
             「あとタバコはありますか?」
わたくし 「ないですよ・・・・・・」
税関の人「一応、旅行カバンも調べますね」
(旅行カバンも超乱暴にあさりだす)
わたしく 「あっ、やばいかも?行きの小松空港で向こうで吸うタバコを免税店で買ってたわ」
税関の人 「あれっ、タバコあるじゃないですか〜〜〜」
(僕の感情はプチッ・プチッとくる)
わたくし 「あっ、言い忘れてました。」
           「にしても荷物乱暴に扱いすぎじゃないかな?」
税関の人「仕事ですから〜〜〜」
(僕の感情はマックスに。ブチッっと切れたのが解ったのですが・・・)
わたくし「ええ加減にせいや。荷物ちゃんと綺麗に戻せよ」
          「なんか壊れてたらどないすんねん」
税関の人「ちゃんと戻しますよ〜」

てな感じで少しエスカレート気味。でもタバコの件は情状酌量の余地ありとの
事で「これからは気を付けて下さいよ」って言いながら荷物を戻し出す。

この税関の人、その間僕には敬語なし。ためぐち。態度デカすぎ。
さらに荷物をいい加減に戻しているのをみて、関西人のやくざの血が沸々と・・・。

あたくし「われ、荷物ちゃんと戻すって行ったやら〜〜。戻せや〜〜」
税関の人「それじゃ、追加で税金を頂きますよ」
わたくし「払ったるわ。それぐらい。でもその前にちゃんと戻せや」
税関の人「その前に払って下さい」
わたくし「戻したら払ったるわ〜」
税関の人「払わないのなら韓国に帰りますか〜〜〜」
わたくし「あ〜〜〜。韓国に戻してみろや。やれるならやってみ〜〜」

てな感じでエスカレート。そこのもう一人上司登場。とりあえず時間かかりそう
なので「こちらへ・・・・」ってな感じで別枠に移動。

なんかやばい事になってきたかな〜〜〜。って思っていたら、その上司が
「まっ、内のもエスカレートして言いよったからな」
「そっか。まっ、俺も言い過ぎたわ。わり〜。ごめん」
ってな感じでお互い謝罪する。
でも払って下さいねって言われたので、元々逃がすつもりやった事を訴え、
お互い様という事で旅行カバンにあった9箱分だけ払う事で交渉成立。
別に全部、払っても良かったのですが、あの小僧に負けたと思うのがいややったんかな?
は〜〜〜、またしても大人げない事しちゃった。ダメな性格です。

でも最後は「僕も仕事なんで、気持ちはわかって下さいね」って言ってたので
僕も「そら兄ちゃんの気持ちも解るけど、俺の気持ちも解るやろ」
ってな感じで平和的に終わって終了。

で他の4人は全員終わっていたので、僕が最後に出ることに・・・。
「ごめん、またしたな〜」
っていったらなんかみんな暗め。

事情を聞くと「バッ◯物」が入国出来なかった様子。
で全部没収だったみたいです。
先頭に行った後輩君は一応抵抗したらしいですが、あやしげな買い物袋にヴィトンの財布が
入っていて。税関の人に「これはないですわ〜〜〜」って失笑されて撃沈。
それを見ていた違う後輩君は、初めからギブアップ・投了で〜す。って感じで望んだので撃沈。他の二人はたまたま違う列に移動してなんなくパスしたらしいです。
よってバッ◯物時計は全部入国完了。
バッ◯物財布は3つとも没収されたらいしいです。

あっ、僕はバッ◯物は購入していない唯一の優良な旅行者だったんですが・・・。
税関の人の取り扱いは再重要犯罪者って感じでしたが・・・・。

まっ、これも後からは笑える良い思い出になるんでしょうね。
ってな感じで今回の旅行は最後に最大の事件があった訳ですが、
トータル的には楽しい旅行でしたよ。
[PR]
by m-sanc | 2006-07-22 00:20 | 他の impression
<< FLX128インプレッション 韓国旅行(二日目) >>