vegas06

d0008370_0341755.jpg今日は35歳の誕生日。でも未だに独身で趣味三昧なお休み。まっ、こんな生き方も嫌いではないですが・・・。やりたい放題の35歳って感じで・・・。
で今日は内灘が南西予報。天気も良さそうなので内灘に直行。アメダスはまだ吹いていませんでしたが、晩までは暇なので日向ぼっこがてらと思って11時に到着。でも吹かない。
沖合になんとなく吹いている感じがあったので、買ってから使っていなかったvegas06の16をセッティング。ラインを付けて様子を見ているとカイトはあがるぐらいは吹いてきたので試しあげ。バーはスリングのお気に入りをライン調整してあったので、これを使用。あげてみた感想は結構パワーあるな〜〜〜って感じでした。でもバックラインが短い感じだったので5cmぐらい足したりしていると吹いてきました。
で早速WT142で出廷。出廷するといきなりドオーバー。デパワーもまったくきかない。んっ???って感じ。これっておかしくないか???バックラインが短すぎないかな???って事で数往復で一旦上陸。でラインを見てみるとびっくり。さっき足したラインがバックラインについてなく、フロントについている。。。こらダメだわ。で付け直してさらにバックラインに付ける位置をカイト側にして再度、出廷。
良い感じです。ジャストで快調・快調。デパワーも良く効くし、スピードも上げやすく乗りやすい。ライノ05の乗り味をそのままにして、デパワー能力を上げて、同時にアンダーにも強くした感じ。デパワーに強いのはラウンドチップ形状のおかげなんでしょうね。さらにアンダーに強いのはカムバテンのおかげと感じた。
前回試乗したトライバルと比べるとカイトの回転能力やハンドリングの軽さやスピードを上げる能力はトライバルの方が高く感じた。アンダー能力や安定度やホップ能力・ジャンプの滞空時間等はvegas06に軍配があると感じた。エアーの高さは両者変わらないっていうかトライバルが丁度良いコンディションではなかったのでなんとも言えないかな?

デパワー能力・エアーの高さはボーカイト>トライバル=vegas06>従来のカイト。
スピード・ハンドリングの軽さはトライバル>vegas06>従来のカイト>ボーカイト
アップ能力はクロスボー>トライバル>vegas06>従来のカイト
動きの早さはトライバル>>vegas06=従来のカイト>クロスボー
カイト本体の安定度はvegas06=従来のカイト>クロスボー>>トライバル
僕的にカイトを揚げた時の安心感はvegas06=従来のカイト>トライバル>>クロスボー
組み立てやリリースシステム・シーティングの操作感等シンプルで良いのは
vegas06=従来のカイト>トライバル>クロスボー
ホップ力は従来のカイト=vegas06>トライバル
って感じでしょうか?従来のカイトも各社特徴が色々だから一概には言えないとは思いますが。

d0008370_191821.jpg総論で言えば、トライバルとライノ05の中間的(トライバル寄りの中間)なカイトって感じでしょうか?
ラウンドチップの恩恵はだいたい想像していた通りでしたが、うれしい誤算はカムバテンの恩恵でした。アンダーにもかなり強くなっていると思います。
トライバルとvegas06は好みと思います。従来のカイトでの各社発売している商品の中で好き嫌いがあったのと同じ感じ。個人的にはトライバルはウエーブ等には良いと思った。一方、vegas06はエアー等のトリック向けと思った。

後はラインの調整をもう少し煮詰めたら良い感じになると思う。もう少しバックラインを長めにセッティングしたらトライバルよりの味付けになると思う。13や9の変更は今年の秋以降の各社発売商品情報を加味してから考えることとします。
[PR]
by m-sanc | 2006-04-30 01:11 | kiteboarding
<< 天皇賞(春) PANERAI (パネライ) >>