フラット・美風。

d0008370_23473839.jpg先週に引き続き、天気は晴れ・海面は先週よりフラット・風は南西で7m程度。前日は遅くまで飲んでいたが、頑張って内灘に向かった。今回は後輩君と行くことにする。後輩君は今年初のカイト。でも車をオーディオ・ボードラック作成のため入庫しているため、道具がない。
ということでucontさんと後輩君のをお借りすることとする。みんな、快く了解をいただく。本当に感謝の気持ちで一杯です。
到着するとすでに皆様出廷している。とりあえず、後輩君のカイト13を用意する。そうこうしているとucontさんと寺さんも一度浜に上がってきた。目の前にはライノ05の12がある。。。これは借りない手はない。お願いして出廷。sk8もお借りして出廷。風はジャストアンダー程度。
海面は超フラットで温度も先週より温く感じ、最高の環境。やっぱ、カイト最高〜〜〜。
一度上陸して、後輩君の出廷をサポート。後輩君はいつもやりだしが一番上手い。今年初なのに、初めて出廷した所に戻ってきていた。これにはびっくり。この調子ならきっと今年中にはアップをマスターし、ジャンプやウエーブの入り口を叩いていそうだ。d0008370_23474922.jpg僕の方はライノ05の12とsk8かvegasを借りて楽しんだ。
ライノ05をじっくり試乗した感想は、色々と楽ちんである。スリングより全てがライトな感覚。特にデパワーが効きやすいのか、オーバーパワーになりにくい。一本目出たときはジャストアンダーだったが、後半はジャストだったんですが、全然苦にならない。あまり引っ張られているという感覚がないのでスピードも出しやすい。これは良い。さらにジャンプをしてもカイトのハンドリングも軽く、カイトの振り戻しも楽である。なによりジャンプに入る時にカイトを逆ぶりしてもエッジが抜けないので良い。だから飛ぶ海面をいつもより選ばなくても良いように感じた。これはその日の状態にあまり左右されないので良い。さらに高さは同じ感じでも滞空時間は長い様に感じた。きっと手が力んでカイトを引き込んでいるためと、カイトの引き戻しが早すぎるためパワーが着地寸前まで入っているためかな?現に着地後暴走気味になることが多かった。
デメリットは乗っている時にカイトを引き続けないとダメな事。片手を離すだけでパワーが抜けるので辛い。ジャンプは飛ぶ瞬間にバーを引き込んだ方が良いらしいが、この操作に慣れていないため上手く行かない。バーを引き続けた時とグラブ等するために手を離す時とで滞空時間に差があるように感じた。て事は現在使っているカイトもバーのデパワーの可動範囲を止めているストッパーボールを一番カイトよりにセッティングすれば、ライノ05の様に可動範囲が広がり、ライノ05の長短所に近くなるようにも思ったので、次に試してみようと思った。ジャンプに関しては飛ぶタイミングやバー操作やカイトを引き戻すタイミング等が今までと違うので戸惑いも多い一日だった。
結局の所、この長短所を究極まで伸ばしたカイトが今流行のボウカイトの様に思った。
トータル的にはライノ05は新鮮であった。僕が現在、壁にぶち当たっている所を破るきっかけをくれそうな気がした。こういったカイトを今年は購入したくなってきちゃった危険な一日でした。きっとパワーがある人は現在のカイトの方が良いような感じ、僕みたいに非力な人は良いかな?とも感じちゃいました。各社06モデルの様子を聞きながら今年あたりカイトを変えようかな?って考えていますが、車の改造や腕時計やら買いたい物だらけで困っています。
[PR]
by m-sanc | 2006-03-13 00:24 | kiteboarding
<< 僕だけ試乗会。 2006年、初乗り。 >>